宇宙世紀について考察

宇宙世紀とは、機動戦士ガンダムの世界の歴史です。

Universal Century(UC)とも表現されます。

 

 

UC0001、この年人類の宇宙移民の開始をもって、西暦から宇宙世紀へ改暦されました。

この年の出来事といえば、多くの人が「首相官邸ラプラスの爆破テロ事件」を発想するでしょう。

この事件、現代でこんな事件が起こると、世界中で大混乱が起こるでしょう。

株価は暴落したり、テロ体制も尋常じゃないくらい強化され、人々の暮らしはしばらくの間不安定な情勢に戸惑わざる負えないでしょう。

しかもこの事件は宇宙世紀元年に実施され、しかも首相官邸で首相を抹殺するという人類史上類を見ない凶悪テロかもしれません。

アメリカ同時多発テロ事件は、多くの人が犠牲になりましたが、それでも政府要人の犠牲者はいませんでしたからね。

 

 

まだまだこれから宇宙へお引越しをして、コロニーもどんどん建造していかなければならない中でこんな事件があっても、人々は宇宙へのお引越しをやめなかったのは大したもんですね。

少なくても現代なら、こんな事件が起これば、こんな一大プロジェクトは一時中止することに間違いなくなると思います。

それ以上に宇宙に対するあこがれ、地球からの旅立ちの必然性、それを可能にする技術力があればこそ可能だったんでしょうね。

文字通りこの時から人類の革新は静かに始まっていたのかもしれないですね。

 

 

まだまだこの時代はすペースノイド、アースノイドといった侮蔑的な表現もないし、この先地球と宇宙で大きな確執が生まれるなんて、どれだけの人が想像したんでしょうね。

 

次回 西暦との相違点