ノンシリコンシャンプー

こんばんは。

今日は子供がどうしても、という事でやって来ましたスーパー銭湯♨
ここ最近の冷え込みでそろそろと思っていたので、ここでしっかり温まって、
心と体をリフレッシュ✨

という事で、今日はふとした疑問を調査してみました。
それは「ノンシリコンシャンプー」です。

数年前からシャンプーに登場するようになり、CMでも強調されていました。
今では特筆されることは少なくなり、ラベルを見ないと分からない感じになっています。


では、この「ノンシリコンシャンプー」とはどのようなものなのか。

シリコンとは、正式名称はシリコーンと言い、シリコン(ケイ素)を化学合成したものです。
ジメチコン、シクロメチコン、シロキなどの成分があり、髪のキューティクルを保護し、指通りをなめらかにする役割があるそうです。

次にノンシリコンシャンプーのメリットとデメリットについて調べてみました。

ノンシリコンシャンプーのメリット

・カラーリングやパーマがしっかりとかかる
シリコンには、髪のキューティクルに張り付いて髪を保護する働きがあるそうです。
シリコン配合のシャンプーを使っていると、カラーリングやパーマの薬剤が浸透しにくくなったり、シリコンの重さでカールがダレてしまって、パーマが取れやすくなるみたいです。

・髪に軽さが生まれる
髪を保護する働きが無くなることで、髪に軽さが生まれ、ふんわりとした髪のスタイリングができるようになります。

・頭皮の状態を清潔に保てる
シリコン配合のシャンプーだと、頭皮に付いたシリコンをしっかり洗い流す事が大切で、シリコンが頭皮に残ったままだと、フケや痒み等頭皮のトラブルを招く可能性が有ります。
ノンシリコンシャンプーなら、頭皮を清潔に保つ事ができるので、サクセスシャンプー等もの男性向けのシャンプーもノンシリコンシャンプーです。

ノンシリコンシャンプーのデメリット

・髪がきしむ、手触りが悪くなる
シリコン配合シャンプーと違い、髪がスッピン状態になるため、髪がきしんだり、手触りが悪くなる事があります。

・パーマやカラーで髪が痛みやすくなる
シリコンのコーティングがなるため、カラーやパーマを頻繁に行うと髪のダメージが進行してしまうことがあります。

・ドライヤーやヘアアイロンの熱に弱い
シリコンのコーティングが無くなることで熱に弱くなり、髪がダメージを受ける可能性が有ります。

まとめ

以上のようにメリット、デメリットありますが、普段の髪の仕上げ方によって上手く使い分ける事が大切なんだと思います。
ちなみに自分はサクセスシャンプーを使っているのでノンシリコンシャンプーです。
ですが、髪も短いし、男だからなのか髪にダメージを負っているという感覚はありません。
むしろ、頭皮の状態を清潔に保つ方に重点を置いています。
おかけで頭皮がスッキリするので、サッパリ感はノンシリコンシャンプーでもありトニック系が強いです。

女性は髪も頭皮もケアしないといけないので、ヘアケアアイテムは慎重に選ばないといけないですよね。
どんな特性があるのか、どんな成分が使われているのか、どんな髪の質に合うのか、見定めることが重要ですね。