uvertimeのゆったりブログ

日ごろ感じたことをブログにしている雑記ブログです。アフィリエイトもやってます。

ついに一つの壁を越えた我が息子

昨日はこれまでの練習の成果を確認するため三重県の長島スポーツランド(以下ナスポ)でラウンドしてきました。

ここナスポは、そこそこ有名な遊園地、長島スパーランドにほど近いショートコースです。
ショートコースとは、1ホール100~200ヤード(1ヤード約0.9m)と短いホールのみで構成され、ホール数も9ホールで構成されていて、ゴルフ初心者やジュニアゴルファーでも回りやすいコースになっています。
また、ショートコースの他に乗馬やテニス、更に温泉施設'(長島温泉もそこそこ有名です)も併設しています。

www.naspo.jp

ここナスポは息子にとって一つの壁がありました。
それは池越えの7番ホールです。

f:id:uvertime:20200405150830p:plain

過去4回この池越えホールに挑戦し、全て池ポチャに沈んでいます。
そのことが相当悔しいみたいで、ゴルフ教室に通い始めたきっかけでもあります。

さあラウンド開始です。
6番ホールまでも、過去4回と比較にならない上達ぶりで進んでいました。
それなら7番ホールの池越えも期待が高まります。
そしてついに7番ホールに到着。本人はもちろん、我々両親もドキドキの瞬間。

f:id:uvertime:20200405151657p:plain

ショットした球はドライバーらしい放物円を描き、見事池を超え、グリーン左のラフに止まりました。
それを見届けた息子は飛んで喜んでいました。
ついに一つの壁を乗り超えた息子。この3か月の練習の成果が存分に発揮され、またここから大きく成長することを期待させる一打でもありました。

終わってみればスコアももちろん過去最高。スコアも自分でつける。何故か教えていないことまでやり始めることも。
やらされているのではなく、自分でやりたくてやっているゴルフ。自分でも成長していることが自覚できているはずだから、親としても見守っていきたいですね。