uvertimeのゆったりブログ

日ごろ感じたことをブログにしている雑記ブログです。アフィリエイトもやってます。

初心者のためのスライスにならないゴルフスイング

初心者のためのスライスにならないゴルフスイングです。

初心者ゴルファーの多くはスライスに悩まされています。
自分もスライス克服にかなりの時間を費やしました。
なので、初心者がスライスを直し、フェードやドローが打てるようになるコツを紹介します。

以下の項目で紹介していきます。
1.グリップ
2.スタンス
3.テイクバック〜フィニッシュ


1.グリップ
グリップはスイングの中でも最も気をつけなければならないところです。
基本は「強く握らない」事です。
遠くへ飛ばす事を意識し過ぎて、思いっ切り握り締める事は、完全に逆効果です。スライスになる原因の一つでもあります。
グリップする時に意識する事は、優しく握る事です。
と言われてもどれくらい優しいのか分かりづらいですね。
イメージは、生卵を握る、ひよこを握る、等柔らかいものを握る事です。
そんなんじゃグラグラしてまともに打てる気がしない、なんて思うかもしれません。
じゃあ何故優しく握ることがスライス撲滅になるのか。
その理由は、クラブヘッドが走りやすなることでヘッドも自然に返りやすくなり、スライスやプッシュアウトになりにくくなります。
つまり、強く握ることでヘッドが腕の力だけで動くことになり、ヘッドの走りも悪くなり、ヘッドが開いたままインパクトになりスライスになります。
また強く握ることで体全体も力むことになり、振り遅れの原因にもなります。
優しく握ってスイングした時、テイクバックからダウンブローでヘッドが自然に降りてくるはずです。
強く握って同じことをしても、ヘッドは自然に降りて来ないはずです。
これこそがスライス撲滅への道です。
アドレスで構えたとき、まず思うとこは、グリップを強く握っていないか。優しく握っているか、を意識してください。
アプローチでトップが頻発するという人も、これでトップが無くなるはずです。

2.スタンス
スタンスもまたスイングする上で重要な要素のひとつです。
スタンスが悪い、要するにバランスの悪いスタンスだと、どんなにキレイなスイングをしたとしても、ミート率も下がり、スライスやチーピンの原因となります。
ただ、スタンスは人それぞれで違うため、100%の正解はありません。
なのでここではダメなスタンスを紹介します。
まずは膝を必ず曲げてください。深さは人それぞれになりますけど、完全に棒立ちはダメです。スポーツ全般全てにおいて棒立ちで構えることはあり得ないので、理由は省きます。
アゴは引いてください。アゴを上げるとテイクバックで上体が上に上がることがあり、スイングのバランスを崩します。
背中はなるべく伸ばして下さい。背中を回転軸にするイメージなので、背中が曲がっていると、その感覚が掴みづらいです。

3.テイクバック〜フィニッシュ
スタンスが決まればあとはクラブを振るだけです。
前述の1.と2.がきちんとできていれば、スイング自体はほとんど意識しないでもキレイにインパクトできるはずです。
あえてアドバイスするなら、テイクバックでは腕を上げるのではなく、背中を回しては腕が上がる、そしてクラブも一緒に上がる、そんなイメージでテイクバックをしてください。
ダウンブローも腕を降ろすのではなく、背中を回して腕が降りてくるからクラブも一緒に降りてくる。
その感覚がわかるようになれば、スライスの撲滅はもちろん、飛距離も伸び、方向性も安定すると思います。

まとめ
初心者のゴルファーはとにかく体全体の力を抜くことを常に意識してください。
そして腕でクラブを振るのではなく、体で腕を振って、クラブがついて来る。そのイメージを持てるようになれば、スライスも無くなり、初心者からのレベルアップに繋がると信じています。