初級ゴルファーから中級ゴルファーへの道

初級ゴルファーから中級ゴルファーへの道です。
今回は技ではなく心構えのお話です。

練習場では上手く打てているのに、コースに出ると途端にダメになる人も多いと思います。
原因は二つ挙げれます。

1.練習場でコースを意識していない

練習場でスイングしている時は常にコースでショットしている事を意識してください。
練習場ではずっと同じ間隔でボールを打つことができるため、一球の重さを忘れがちです。
ひどいときは、10回打って1球いい球が打てたら上手になったと勘違いする人もいます。
本来のコースでは打ち直しができないことはゴルファーなら百も承知なはずです。
でも初心者はまだまだその感覚になれず、練習場とコースの違いを理解できないでいます。
練習場での一球とコースでの一球が常に同じ重さであることを意識しながら練習してください。
コースと同様に、一球目はドライバー、二球目は7番アイアン、三球目はアプローチ、といった感じでクラブを変えて行くと、より本番の意識に近づけます。
特に大切なのは、実際のコースではドライバーの次がショートアイアンになることが多いことです。
なのに練習場では同じくらいの長さのクラブばかり練習していて、クラブの長さのギャップに対応できず、二打目をミスする確率が高くなります。
苦手なクラブを重点的に練習することも大切ですが、実際のコースをシミュレーションしながらの練習も必ず実施してください。
そうすることでコースを回っているのと同じ感覚で練習でき、コースでのショットの安定性も増します。

2.間違えたスイングをしていることに気付けない

例えば一番ホールのティーイングエリアに立っています。
ボールをティーアップしてドライバーでスタンスを取りました。
ここで何を考えていますか?
今まで練習してきたことを走馬燈のように思い出しているのか、或いは頭の中が真っ白になっているのか。
ハッキリ言って、この状態でイロイロ考えたところでいい結果が出ることはほとんどありません
また頭の中が真っ白になるのは、単に練習不足です。
厳しいようですが、コースに出るならそれなりにスイングを完成させてから来るべきです。
一番の理想は、何も考えないで体が勝手に正しいスイングをしてくれることですが、初級レベルの人はなかなか難しいと思います。
そして1.で述べたように、コースを意識した練習をしていないと、緊張のあまりスイングを崩してしまい、力んだ挙げ句右へプッシュアウト、なんて結末が待っているかもしれません。
ここではスタンスを意識してください
スタンスは動きではなく停止状態のため、どんなに緊張していても作る事はできます。
緊張すると力が入るのは当然なので、スタンスではあえて力を抜くことを意識してください。
ハザード以外はクラブヘッドを地面に置けるので、一度グリップを緩めて、再度ゆっくり優しくグリップしてください。
そうすれば緊張も多少和らぎ、練習と同じ或いは近い状態になるはずです。
重要なのはスタンスでいかに力を抜けることができるかです。
普段の練習ではスタンスでほとんど力を入れていないはずです。
なので、ティーイングエリアに立って頭の中が真っ白になってしまったら、まずは一度グリップを緩めて力を抜けるください。
そうすれば、練習場と同じパフォーマンスを発揮できるはずです。

アプローチウェッジの重要性についてはこちら
uvertime.com

7番アイアンを極めるならこちら
uvertime.com

3パットを打ちたくないならこちら
uvertime.com

ボールについて詳しく知りたいならこちら
uvertime.com

フェアウェイウッドについて詳しく知りたいならこちら
uvertime.com